おじろ角物店



おじろ角物店について

角物師である寒竹唯善さんに角物を学び、2008年よりおじろ角物店(屋号)として竹の仕事をはじめました角物を中心に、暮らしの中で自分たちが使いたいと思うものを真竹を使い製作しています


角物って?

角物とは・・・四角形で、胴、蓋、手と別々に組む方法で、火曲げという特殊技法を用いて作られたものです。

角物は明治以前に兵庫県有馬地方から大分県別府に技術が移り、別府籠として角物が始まりました。
大分県は真竹の生産量が日本一で、また良質な竹が採れる所でもあり、竹工、竹芸の中でも丈夫な道具として作られた角物は、戦前、戦中、戦後と変わることなく生産されまた数多くの角物師(角物専門の職人)もいました。
しかし高度経済成長期あたりから使い捨ての時代が始まると、プラスティック製品や中国製などの安い製品が出回りかつての職人たちはいなくなり、今では角物師も日本では数人となっています。
その一人、孫弟子たちを含めた角物職人を寒竹一統と呼び、最後の角物師、寒竹唯善さんのところに弟子入りし学ばせていただきました。
そして2008年よりおじろ角物店として角物を中心に暮らしの物を製作しています。


昔はくずかごや豆腐籠、衣装かごとして使われていましたが、今では弁当箱やピクニックかご、裁縫箱など、その他いろんな道具入れとして自由に使っていただいています